2018年12月07日

『ポルノスター・プロジェクト(Project Pornstar)』 ルール抄訳

pic57281.jpg

『ポルノスター・プロジェクト(Project Pornstar)』のルール抄訳です。
付属の英分ルールを参考に、順番を変えたり言葉を補ったりしています。

訳注:他のカードに対してカードを配置することを「付属」と言います。





ポルノスター・プロジェクト

ポルノ映画のプロデューサーになり、評価の高い映画を製作して、誰よりもお金を稼ぎましょう。

2-5人用のカードゲーム。
1ゲーム約45分。

内容物
・カード100枚
・お金チップ(黄)90枚
・お金チップ(赤)10枚
・ルールブック(独英)1部

1.0 準備
プレイヤーの1人がカード100枚をシャッフルして山札を作ります。
各プレイヤーに始めの手札としてカードを5枚ずつ配ります。

各プレイヤーは最初の資本として黄チップを5枚ずつ受け取ります。
残りのお金チップはテーブル中央にまとめて置きます。
黄チップは1枚1クレジット、赤チップは1枚10クレジットです。

各プレイヤーは自分の製作会社に派手な、または倒錯した名前を付けます。


2.0 ゲーム開始
最もムラムラしているプレイヤーから始め、時計回りの順に手番を行います。
手番順はゲーム終了まで変わりません。
続けて何度か遊ぶのであれば、1ゲーム毎にスタートプレイヤーを変えて、時計回りの順に手番を行います。

各プレイヤーは同時に1本の映画しか制作できません。
制作中の映画が完成すれば、次の新しい1本を始めることができます。
現在制作している映画のカードは、全て見えるよう、各プレイヤーの前に表向きで並べます。
評価の低い俳優などを配置して、他プレイヤーの映画制作を始めることもできます。

手元のお金チップは隠し持った方が良いでしょう。


3.0 ゲームの流れ
各手番の始めに、手番プレイヤーは手札が5枚になるよう、山札からカードを引きます。
そして手番プレイヤーは以下の3つあるアクションのうち1つを選びます。

カードを配置する
最大で2枚のカードを手札から配置できます。
配置できるカードの組み合わせは以下のうち1つです。

・アクションカード1枚
・俳優カード1枚
・ハードウェアカード1枚
・アクションカード1枚+俳優カード1枚
・アクションカード1枚+ハードウェアカード1枚
訳注:1回の手番中に、俳優カードとハードウェアカードの両方は配置できません

手札の入れ替え
手札のカードを3枚まで捨て札にして、山札から同じ枚数を引きます。

映画の完成
現在制作中の映画(自分の前に並ぶカード)を完成させます。
詳しくは「3.4 映画の完成」で後述します。

以上の3つあるアクションのうち1つを終えたら、時計回りで次のプレイヤーの手番になります。
各プレイヤーは配置する各カードについて、あれやこれやと説明をしましょう。
そうすることで楽しくて気取らないゲームの雰囲気を作っていくのです。


3.1 アクションカード
赤いカードはアクションカードです。
黒い星が描かれたカチンコのシンボルがあります。

重要!
アクションカードを配置する時は常に、1枚につき1クレジット(お金チップ)をテーブル中央に支払います

アクションカードはゲームの進行に様々な影響を与えます。
各アクションカードの説明は「5.0 アクションカード」で後述します。

アクションカードは自分の前だけでなく、他プレイヤーの前にも配置できます。
アクションカードで(自分または他プレイヤーの)映画制作を始めても構いません。


3.2 俳優カード
俳優カードは以下の3色に分かれます。

・ピンク:女優(メス記号)
・青:男優(オス記号)
・紫:その他(?マーク)

俳優カードは、ポルノ映画に出演する俳優の顔と名前を表しています。
カードの左側にある星は、俳優の質と価値を示します。
黄色い星はプラス、黒い星はマイナスです。

俳優カードは(自分だけでなく)誰の前にでも配置できます。
各俳優には、ハードウェアカード最大1枚と、アクションカード最大1枚を付属できます。
例えば「XXX-Rated」カードで付属のアクションカードが取り除かれた場合、その俳優に新しいアクションカードを付属できるようになります。

俳優のうち15人には、カード左下にアルファベットが1文字(A・B・C)付いています。
文字の組み合わせについては「3.4 映画の完成」で後述します。


3.3 ハードウェアカード
緑のカードはハードウェアカードです。
中指を建てた手のシンボルがあります。

ハードウェアカードは映画の撮影中に俳優たちが使う大人の玩具です。
カードの左側にある星は、ハードウェアの質と価値を示します。
黄色い星はプラス、黒い星はマイナスです。

ハードウェアカードはテーブル上に配置されている(自分を含めて)誰かの俳優1人に付属できます。
ただし以下の例外があります。

・メス記号があるものは女優にだけ付属可能
・オス記号があるものは男優にだけ付属可能
・俳優カード「Super Dildo」「Hasso」「Sex Doll」には付属不可


3.4 映画の完成
重要!
自分の前に最低でも3枚のカードが配置されている時だけ映画を完成できます。
そして少なくとも以下のどちらか1つを含んでいる必要があります。

・俳優カード2枚
・俳優カード1枚+ハードウェアカード1枚

自分の前に並ぶカードの左側にある星を数えます。
訳注:アクションカードのカチンコシンボルに描かれた黒い星は数えません
黄色い星1つにつき1クレジットをテーブル中央から受け取ります。
黒い星1つにつき1クレジットをテーブル中央に支払います

文字の組み合わせ:
俳優のうち15人には、カード左下にアルファベットが1文字(A・B・C)付いています。
文字の組み合わせが以下のどれか1つであれば、黄色い星が追加されます。

・同じ文字2つ=追加の黄色い星2つ
・同じ文字3つ=追加の黄色い星5つ
・異なる文字3つ=追加の黄色い星4つ

余分な文字が付いた俳優がいる場合(A+A+Bなど)これらのボーナスは入りません
文字のない俳優は、これらのボーナスに影響しません
アクションカード「Distribution」の倍率は、これらのボーナスにもかかります。
1本の映画に、双子そして/または制作ボーナスが同時にかかります。
制作ボーナスについては「3.41 制作ボーナス」で後述します。

お金チップを受け取った(支払った)後、完成した映画のカードを全て捨て札にします。
映画を完成させたプレイヤーは、次の手番から新しい映画の制作を始めることができます。
訳注:次の手番が来る前に、他プレイヤーがカードを配置してくることもあり得ます)

完成した映画の黒い星が黄色い星よりも多ければ評価はマイナスになり、赤字分をテーブル中央に支払います
赤字分が支払えない場合、そのプレイヤーは破産して、次の手番に新しい制作会社を始めます。
あるいは選択ルールで、破産したプレイヤーは「ゲームから脱落」にしても良いでしょう。

Twins(双子):
俳優カード「Amber Saint」と「Ruby Saint」は双子です。
完成させた映画に2人とも出演していた場合、黄色い星3つを追加します。
アクションカード「Distribution」の倍率は、このボーナスにもかかります。
文字の組み合わせボーナスそして/または制作ボーナスも同時にかかります。
制作ボーナスについては「3.41 制作ボーナス」で後述します。


3.41 制作ボーナス
完成させた映画に以下の組み合わせがあれば、手番プレイヤーは追加のボーナスを得ます。
組み合わせが2つ以上ある場合、その中から最も価値ある1つを選びましょう。

Mixed Double(ノーマル):
少なくとも「男優1人+女優1人+ハードウェア1つ」があれば、追加の黄色い星1つです。
アクションカード「Distribution」の倍率は、このボーナスにかかりません

Gangbang(輪姦):
・少なくとも男優5人+女優1人だけ
または
・少なくとも女優5人+男優1人だけ

追加の黄色い星5つです。
アクションカード「Distribution」の倍率は、このボーナスにかかりません

Orgy(乱交):
少なくとも男優と女優が3人ずついれば、追加の黄色い星4つです。
アクションカード「Distribution」の倍率は、このボーナスにかかりません

Porn Classic(過去の迷作):
完成させた映画の価値が(アクションカード「Distribution」の倍率を含めずに)-10クレジット以下なら、余りの出来の酷さから逆にネタとして重宝されて評価がひっくり返り、マイナスがプラスに変わります。
訳注:例えば、-9クレジットなら9クレジットを支払います。-10クレジットなら評価が逆転して+10クレジットを受け取ります)


4.0 ゲーム終了
誰かが山札の最後の1枚が引いたら、その手番の終わりにゲーム終了です。
ゲーム終了時、各プレイヤーは自分の前に配置されたカードで映画を完成できます。
この時も「3.4 映画の完成」のルールに従います。

手持ちのクレジットが最も多いプレイヤーが勝利します。
同点の場合、カードを1枚ずつ引いて最も評価の高い(黄色い星が多い/黒い星が少ない)プレイヤーが勝利します。
星のないカードは評価0として扱います。

あるいは選択ルールで、ゲームに時間制限を設けても良いでしょう。
例えば、BGM替わりに流したポルノ映画で「最初に達した」瞬間にゲーム終了など。


5.0 アクションカード
アクションカードを配置する際は常に、1クレジットをテーブル中央に支払います
お金チップが手元になければアクションカードを配置できません

AIDS(後天性免疫不全症候群):
テーブル上に配置されている(自分を含めて)誰かの俳優1人に付属します。
エイズウィルスが出演者全員に感染して、その映画の撮影がキャンセルされます。
キャンセルされた映画のカードを(AIDSも含めて)全て捨て札にします。
その(映画をキャンセルされた)プレイヤーは、次の手番から新しい映画の撮影を始めることができます。
訳注:次の手番が来る前に、他プレイヤーがカードを配置してくることもあり得ます)

「Rubber(コンドーム)」付属の俳優がいる映画には AIDS を配置できません
俳優カード「Super Dildo」「Hasso」「Sex Doll」には AIDS を付属できません
ただし映画がキャンセルされれば「Super Dildo」「Hasso」「Sex Doll」も他のカードと同じく捨て札になります。

Casting(配役):
テーブル上に配置されている(自分を含めて)誰かの俳優1人を(付属しているハードウェアと一緒に)取ります。
あるいは捨て札の中から俳優1人を引っ張ってきても構いません。
そして、その俳優をテーブル上の(自分を含めて)誰かの映画に配置します。
配置した手番の終わりに「Casting」カードを捨て札にします。

Theft(窃盗):
テーブル上の(自分を含めて)誰かの映画に配置します。
そして、その映画からハードウェア1枚を取って(自分を含めて)誰かの俳優1人に付属します。
あるいは、そのハードウェアを自分の手札に加えます。
使用後に「Theft」カードを捨て札にします。

Sloppy Porn(クソポルノ):
テーブル上の(自分を含めて)誰かの映画に配置します。
完成前に批評家からボロ糞に叩かれ、黒い星2つが付きます。
「Sloppy Porn」は各映画に1枚までです。
その映画が完成したら捨て札にします。

Hacker Download(ハッカーのダウンロード):
テーブル上の(自分を含めて)誰かの映画に配置します。
編集前の映像がインターネット上に流出して商品価値が下がり、黒い星2つが付きます。
「Hacker Download」は各映画に1枚までです。
その映画が完成したら捨て札にします。

Moneyshot Deluxe(ファイト一発!):
テーブル上の(自分を含めて)誰かの映画に配置します。
制作は完璧で俳優たちの士気も高まり、黄色い星2つが付きます。
「Moneyshot Deluxe」は各映画に1枚までです。
その映画が完成したら捨て札にします。
訳注:Moneyshotには「映画中で一番お金をかけて撮影するシーン」「射精シーン」などの意味があります)

Paperbag(紙袋):
テーブル上に配置されている(自分を含めて)誰かの俳優1人に付属します。
紙袋をかぶせて顔が見えないようにします。
映画を完成させた時、その俳優の星は(黄色でも黒でも)数えません。

例えば、黒い星4つの俳優「Horst Hunchback」に紙袋をかぶせて映画を完成させたなら、その黒い星4つは数えずに0として扱います。

「Paperbag」は各映画に1枚までです。
その映画が完成したら捨て札にします。
紙袋をかぶせた俳優に付属するカードの星は、通常通りに数えます。

Pornstar Deluxe(ポルノスター・デラックス):
テーブル上に配置されている(自分を含めて)誰かの俳優1人に付属します。
この俳優が得た賞によって、この映画の評価も上がり、黄色い星3つが付きます。
「Pornstar Deluxe」は各俳優に1枚までです。
その映画が完成したら捨て札にします。
既にハードウェアが付属している俳優にも「Pornstar Deluxe」を付属できます。
その俳優が捨て札になる場合、付属のハードウェアや「Pornstar Deluxe」も同じく捨て札になります。

Promotion Tour(プロモーションツアー):
テーブル上の(自分を含めて)誰かの映画に配置します。
俳優たちが数多くのイベントやショーに出演して知名度が上がり、黄色い星2つが付きます。
「Promotion Tour」は各映画に1枚までです。
その映画が完成したら捨て札にします。

Director(監督):
テーブル上に配置されている(自分を含めて)誰かの映画に配置します。
この監督は文化的な要素を取り込んで芸術作品に高めようと意気込んでいます。
ポルノ映画として成功するはずもなく、この監督の黒い星が付きます。
「Director」は各映画に1枚までです。
その映画が完成したら捨て札にします。

Distribution(配給):
テーブル上に配置されている(自分を含めて)誰かの映画に配置します。
マーケティングに多額の資金を費やし、独自のレーベルで映画を販売する、高度に専門的な配給会社を見つけました。
「Distribution」は各映画に1枚までです。
描かれている倍率が完成させた映画にかかります。
その映画が完成したら捨て札にします。

例えば、完成した映画の評価が黄色い星5つなら「Distribution」の倍率をかけた10クレジットを受け取ります。

XXX-Rated(成人向け):特殊アクション
これは特殊なアクションカードです。
誰でもいつでも(自分の手番でなくても)他プレイヤーのアクションを打ち消すために使えます。
カードの配置(俳優カード、ハードウェアカード、アクションカードのいずれか)1枚を打ち消して捨て札にします。
あるいは「映画の完成」アクション1回分を打ち消します。
訳注:「手札の入れ替え」アクションは打ち消せません)

「XXX-Rated」1枚を使えば、直前に使われた「XXX-Rated」1枚を打ち消せます。
誰も「XXX-Rated」を使わなくなるまで、プレイヤー達は何枚でも「XXX-Rated」を出し合って、直前の1枚を打ち消せます。
「XXX-Rated」1枚につき1クレジットを支払います

俳優1人が捨て札になる時、付属しているハードウェアやアクションカードも一緒に捨て札になります。
「カードを配置する」アクションの条件を無視して「XXX-Rated」を出せます。
1回の手番中に、プレイヤー達はクレジットが支払える限り、好きなだけ「XXX-Rated」を出せます。








参照リンク:
ポルノスター・プロジェクト - 名古屋ejf


posted by okanenainde at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする