2019年02月19日

『ニムト(6ニムト)』 1ゲームを前半と後半に分ける非公式ルール



本日はBGGから『6 Nimmt』の選択ルールを紹介します。
1ゲームを前半と後半の2部制にする、4-7人用の非公式ルールです。

6 nimmt! > 6 Nimmt-Variant.doc

この選択ルールは実にシンプルです。
基本的なルールは『ニムト』の公式ルールと全く同じです。

合計104枚のカードのうち4枚を最初の場札として並べるので、プレイヤー達に配るための100枚が残ります。
その100枚を前半と後半に分けてゲームを行います。

4人戦の場合、前半の手札として各プレイヤーに12枚のカードを配ります。
そして『ニムト』の公式ルールに従ってゲームを行います。
全員の手札がなくなったら、場札を(取り除いたりシャッフルしたりせずに)そのまま残しておきます。

次に後半の手札として各プレイヤーに13枚のカードを配ります。
(これで100枚のカードが全て、手札として配られることになります)
再び『ニムト』の公式ルールに従ってゲームを行います。
全員の手札がなくなったら得点計算を行い、失点の最も少ないプレイヤーが勝利します。

4人戦:前半12枚、後半13枚
5人戦:前半10枚、後半10枚
6人戦:前半8枚、後半8枚(余った4枚は使用せず)
7人戦:前半7枚、後半7枚(余った2枚は使用せず)




参照リンク:
セイントポーカー
『ガイアプロジェクト スーパーライト』 非公式1人用ルール
『ポルノスター・プロジェクト(Project Pornstar)』 ルール抄訳
『アルティプラーノ』 時間短縮ルール
『コインブラ』 「航海への投資」選択ルール
『テオティワカン:シティオブゴッズ』 日食得点能力とメインアクション能力 (ファン拡張)

posted by okanenainde at 07:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする