2019年10月01日

『Más-Menos(マス・メノス)』 勝利条件がコロコロ変わる2人専用トリックテイキング

本日はBGGから『Más-Menos』を紹介します。
通常のトランプ1組があれば遊べる2人専用のカードゲームです。

タイトルの『Más-Menos』はスペイン語で、英語だと Más が More で Menos が Less だそうです。
日本語だと「多いか少ないか」って感じでしょうか?

Más-Meno > English rules

以下、意訳。





Más-Menos
2人


【内容物】
通常のトランプ1組から「7・8・9・10・J・Q・K・A」の4スート、計32枚だけを使います。
カードのランクは「7が最低・Aが最高」で、スートによる強弱はありません。


【概要】
1回のゲームで13トリックを行います。
ゲームの勝利条件は「獲得トリックの多い方、または少ない方」のどちらかになります。
勝利条件が何度も入れ替わるので、13トリックを終わらせるまで、ゲームの勝者は分かりません。
そして各トリックの勝利条件も「ランクの高い方、または低い方」が何度も入れ替わります。


【準備】
ディーラーをランダムに決めます。
シャッフルしたら、1度にカードを4枚ずつ各プレイヤーに配ります。
そしてカードが計16枚ずつになるように配り切ります。


【宣言】
各プレイヤーは、受け取ったカード16枚から3枚を選んで、捨て札にします。
訳注:おそらく裏向きで)
捨て札はゲーム中に使用しません。

次にゲームの条件を2つ決めます。
・どちらが第1トリックのリードを行うか?
・ゲーム開始時のトリックに勝つ条件は?


相手よりも先に、カード3枚を捨て札にしたプレイヤーが、4つの選択肢から1つを選びます。

Más
(多い)
高ランクがトリックに勝つ。
多い獲得トリック数がゲームに勝利。
Menos
(少ない)
低ランクがトリックに勝つ。
少ない獲得トリック数がゲームに勝利。
Antes
(先)
自身が第1トリックのリードを行う。
Después
(後)
相手プレイヤーが第1トリックのリードを行う。

もう1人のプレイヤーは、カード3枚を捨て札にした後、残った選択肢から1つを選びます。
訳注:例えば「Más」が既に選ばれていた場合、相反する「Menos」は選べず、残りの2つから選ぶのでしょう)

勝利条件が分かるよう、第1トリックのリードプレイヤーは左隣に捨て札を置きます。
「Más(多い)」なら捨て札を扇状に広げます。
「Menos(少ない)」なら広げず、そのまま置いておきます。


【トリックの流れ】
リードプレイヤーが手札からカード1枚を選び、リードを行います。
相手プレイヤーも手札からカード1枚を選び、プレイします。
リードカードと同じスートをプレイする必要はなく、何を出しても構いません(メイフォロー)。

「Más(多い)」なら高ランクのカードを出したプレイヤーが、そのトリックに勝ちます。
「Menos(少ない)」なら低ランクのカードを出したプレイヤーが勝ちます。
同じランクだった場合、リードカードを高ランクとみなします。
注意:高ランクが勝つか負けるかは勝利条件によります。

トリックの勝者は、プレイされた2枚のカードを「表向き」で重ねて山を作り、自分の脇に置きます。
この時、トリックで勝った方のカードが見えるよう、上に重ねてください。
上に重ねたカードのスートにより、次のトリックから勝利条件が変わります。


ダイヤ
低ランクがトリックに勝つ。

ハート
高ランクがトリックに勝つ。

クラブ
少ないトリック数がゲームに勝利。
Menos(少ない)

スペード
多いトリック数がゲームに勝利。
Más(多い)

赤スートはトリックの勝利条件を、黒スートはゲームの勝利条件を変更します。
各トリックの後、表向きで見えている赤スートと黒スートは、それぞれ1枚までです。
同じ色の山ができた場合、古い方の山を裏向けて、同じ色のスートが2枚以上は見えないようにします。
現トリックに勝ったプレイヤーが次トリックのリードを行います。

上記の流れでトリックを繰り返します。
第13トリックが終わったら、見えている黒スートにより、ゲームの勝者が決まります。
何ゲームかを行う場合、各ゲームの勝者が「獲得トリック数の差」を得点します。


【ゲームの例】
シャッフルの後、各プレイヤーは以下のカードを受け取りました。

プレイヤーA:
A♠, Q♠, 10♠, 9♠, 7♠
J♥, 10♥, 8♥, 7♥
A♣, Q♣, 9♣, 8♣
A♦, 9♦, 8♦

プレイヤーB:
K♠, J♠, 8♠
A♥, K♥, Q♥, 9♥
K♣, J♣, 10♣, 7♣
K♦, Q♦, J♦, 10♦, 7♦

各プレイヤーは出来るだけ早く自分の手札を判断して、どの3枚の捨て札にするかを決めます。
先にカード3枚を捨て札にしたプレイヤーが勝利条件の1つを宣言します。

プレイヤーA:
すぐにランク10以下のカードが10枚もあるのに、ダイヤが3枚しかないと気付きました。
つまり低ランクでトリックに勝つのは難しい手札です。
少ないトリック数がゲームに勝利する条件を選ぶのが良さそうです。
よって A♠, Q♠, 7♠ を捨て札にして「Menos(少ない)」を宣言しました。

プレイヤーB:
まだ明確な戦略は浮かんできませんが、どんな状況でも勝ちを狙えるように、中ランクのカードを捨て札にしていきます。
既に 10♣, 10♦ は捨て札にしました。
最後に1枚に J♦ を選び、「Después(後)」を宣言しました。
プレイヤーAの動きを見てから対応しようというわけです。

以下が全13トリックの例です。
[ ]:現在のトリック数と勝利条件。
 :トリックに勝ったカード。
( ):2人の勝ちトリック数(前がプレイヤーA)。





[1]
プレイヤーAは勝利条件を変えずに高ランクのカードを処分したかったので A♣ をリードします。
プレイヤーBは A♥ で邪魔をして、次トリックのために低ランクを温存します。
(0-1)


[2]
プレイヤーBは相手の意図を読もうと K♠ で勝利条件を変えにいきます。
プレイヤーAは 10♠ をプレイします。
(0-2)


[3]
プレイヤーBは相手の計画を見抜きました。数値を平らにしようと相対的に低ランクの 9♥ をリードします。
プレイヤーAは 8♥ で阻止します。
(0-3)


[4]
勝ちトリック数は既に (0-3) で、相手の手札にはまだ低ランクのカードがあります。
勝利条件を に変更してやりましょう。
プレイヤーBは Q♦、プレイヤーAは 7♥ をプレイします。
(0-4)


[5]
今「Menos(少ない)」でプレイヤーAに勝つのは難しい状況です。
プレイヤーBは 7♣ を処分、プレイヤーAは 9♠ をプレイします。
(0-5)


[6]
プレイヤーBは終盤を見据えて K♦, 7♦ および J♠, 8♠ を取っておくことにします。
プレイヤーBはさらにクラブを吐き出そうと K♣ を、プレイヤーAは A♦ をプレイします。
(0-6)


[7]
プレイヤーBは最後のクラブである J♣ をリードします。
プレイヤーAは「Menos(少ない)」による勝ちが見える Q♣ をプレイします。
(0-7)


[8]
相手の手札はほとんどが低ランクなのでプレイヤーBは K♥ を仕掛けます。
プレイヤーAは を残しておくために をプレイせねばなりません。
なぜなら をプレイすると終盤の手札が弱くなってしまうので、ここは 8♦ をプレイします。
(1-7)


[9]
プレイヤーAは 8♣ で反撃です。
プレイヤーBは次トリックでリードしたかったのですが、餌には食いつかず Q♥ をプレイします。
(2-7)


[10]
プレイヤーAは 10♥ でリード。
プレイヤーBは、勝利条件を Q♥ に書き換えて高ランクのカードを無駄にしたくなかったので、7♦ をプレイします。
(2-8)


[11]
プレイヤーBは最終トリックに向けてスペードを2枚とも残しておこうと K♦ でリードします。
プレイヤーAは動きを読んで、勝つために勝利条件を に切り替えるべく J♥ をプレイします。
(3-8)


[12]
プレイヤーAは 9♦ をリード。
プレイヤーBは負けを認めましたが、相手の点数を下げるようと 8♠ をプレイします。
(4-8)


[13]
プレイヤーAは 9♣ を、プレイヤーBは J♠ をプレイします。
(5-8)


第13トリックが終わって勝利条件は Menos(少ない)です。
勝ちトリック数の少ないプレイヤーAがゲームに勝利して、勝ち数の差である3点を得ます。





参照リンク:
『Foreknowledge(予見)』 非対称の2人専用トリックテイキング
『Three Pips(3ピップス)』 相手のダイスと連番を作る2人専用ゲーム
『10 by 10(10×10)』 無料の2人専用PnPゲーム
『4 Warlords(四戦将)』 2人専用のトランプ遊び
『40 Barrels of Beer(40樽のビール)』 記憶と運の2-4人用トランプ遊び
『30 Points(30点)』 3人専用のトランプ遊び
『3 on 3』 無料の2人専用アブストラクト
『Disloyal Royals(ディスロイヤル・ロイヤルズ)』 無料の2人専用トランプ遊び
『The Red Masque(赤の仮面舞踏会)』 無料の正体隠匿系カードゲーム
『SHŌBU(勝負)』 2人専用アブストラクト

『13 Sheep(13匹の羊)』 無料の紙ペンゲーム
『13 Sheep(13匹の羊)』 シートジェネレーター


posted by okanenainde at 10:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする