『赤龍(Red Dragon)』 3-6人用トリックテイキング

RedDragon_logo.jpg

本日はBGGから『Red Dragon』を紹介します。
切り札なし、マストフォローのトリックテイキングです。
トリックを獲得すれば得点ですが、赤いカードは失点になります。
中でも赤11のカードは大きな失点を被ることになるので注意しましょう。
プレイ人数に等しいラウンドを行った後、合計点の最も大きなプレイヤーが勝利します。

Red Dragon > Game rules EN

BGGで公開中の英文ルールから、遊ぶのに必要な部分だけを訳しました。
一部の言葉を補ったり、言い換えたりしています。





Red Dragon
3-6人、8歳以上


【概要】
このゲームの目的は龍を多く集めて他プレイヤーよりも多く得点してゲームに勝つことです。
赤龍は失点になるので、なるべく獲得しないよう注意が必要です。


【内容物】
・数字カード:60枚(4スート、各15枚)
・早見カード:2枚
・得点用紙と鉛筆


【ゲームの準備】
数字カード60枚をシャッフルした後、全プレイヤーに手札として配り切ります。
配り切ったら、各プレイヤーは手札からプレイ人数に応じた枚数のカードを選び、伏せてテーブル中央に出します。
中央に出されたカードをシャッフルした後、表向きで公開します。

プレイ人数3456
手札の枚数20151210
中央に出す枚数4322
各トリックの得点681012

適当な方法で第1プレイヤーを決めます。
第1プレイヤーから始めて時計回りの順に、中央のカードから1枚を選んで手札に加えます。
全員が1枚ずつ選んだら、今度は最終プレイヤー(第1プレイヤーの右隣り)から反時計回りに、中央から1枚を選んで手札に加えます。
(もしまだ中央にカードが残っているなら)中央のカードがなくなるまで、再び第1プレイヤーから時計回りの順に……と繰り返します。


【ゲームの流れ】
第1プレイヤーは手札からカード1枚を選び、表向きでプレイ(リード)してラウンドを始めます。
他プレイヤーたちは時計回りの順に、第1プレイヤーのリードと同じ色のカードを1枚ずつ、表向きでプレイしていきます(フォロー)。
同じ色であれば数字の大小は関係なく、トリックに勝てるカードをプレイしなくても構いません。
もし手札にリードと同じ色のカードがなければ(色や数字を問わず)任意の1枚を選んでプレイします。

リード色の中で最も数字の高いカードのプレイヤーが、そのトリックを獲得します。
プレイされたカードを全て集め、伏せて自分の前に置いておきます。
トリックを獲得したプレイヤーが、次トリックのリードを行います。
これを全プレイヤーの手札がなくなるまで続けてください。

全プレイヤーの手札がなくなったら、そのラウンドの得点計算を行います。
プレイ人数と同じ回数のラウンドを行い、合計点を競います。


【ラウンドの得点計算】
獲得したトリック1つごとに、プレイ人数に応じた得点になります。

・3人戦:+6点
・4人戦:+8点
・5人戦:+10点
・6人戦:+12点

獲得した赤いカードは中央に記された数字の通りに失点します。
各プレイヤーの得失点を計算して記録します。
計算が正しければ、全プレイヤーの得失点は合計して丁度0点になります。

次に、トリックを1つも獲得しなかった(0トリック)プレイヤーの得点を計算します。
0トリックの得点は、そのラウンドで0トリックだったプレーヤーの人数によって決まります。

・3人戦(0トリックの人数:得点)
1人:+20点

・4人戦(0トリックの人数:得点)
1人:+20点
2人:+10点

・5人戦(0トリックの人数:得点)
1人:+20点
2人:+10点
3人:+5点

・6人戦(0トリックの人数:得点)
1人:+20点
2人:+15点
3人:+10点
4人:+5点

<得点計算の例>

4人戦でゾルタンは7トリックを獲得したので7×8=+56点。
アネッテとエリクは4トリックずつなので、それぞれ4×8=32点。
赤いカードによってゾルタン−12点、アネッテ−61点、エリク−47点。
モニカは唯一の0トリックだったので+20点。
このラウンドの得失点は以下の通りです。

ゾルタン:56−12=+44点
アネッテ:32−61=−29点
エリク:32−47=−15点
モニカ:+20点

トリックの獲得による得失点の合計は「44−29−15=0」で丁度0点になります。


1回のラウンド中に、全てのトリックを獲得したプレイヤーは、自動的にゲームの勝者となります。
それまでの各プレイヤーの得失点を問わず、即座にゲームが終わって勝利するのです。


【重要】
赤11のカードは特別で、常に−26点になります。

もし間違えてリードできるのに違う色のカードをプレイしたのが発覚した場合、そのプレイヤーは−100点のペナルティを受けます。
他プレイヤーたちは得失点なしで即座にラウンド終了、そのラウンドを始めからやり直してください。

赤カードがリードされたら、大きな失点を食らう羽目になろうと、赤カードをフォローせねばなりません。
この場合(カード中央の失点ではなく)最も数字の高い赤カードのプレイヤーが、そのトリックを獲得します。
得点計算は通常通りに適用します。
つまりトリックの獲得による得点と、赤カードによる失点を合計します。





参照リンク:
『ブルーナイル』 2人専用アブストラクト
『撃退(Gekitai)』 2人専用アブストラクト
『ノーリターン』 日本語ルール
『仏陀(Buddha)』 3-6人用トリックテイキング
『いちばん近くのおばけ(The Closest Ghost)』 2人専用アブストラクト
『オリカ(Olika)』 3人用のトリックテイキング

posted by okanenainde at 14:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする