2013年08月20日

ディセント 第2版:副官パック

もう存在感がないなんて言わせない!

Descent2nd_LieutenantPacks.png

ディセント:第2版』に出てくる副官たちがフィギュアになって登場します。
それが今回紹介する『Lieutenant Packs』なのです。

Descent2nd_Lieutenants.jpg
基本セットの副官たち。

ディセント:第2版』の英雄たちと数々の怪物どもには専用のフィギュアが付属。
しかし6体の副官は小さな厚紙製のトークンという恵まれない存在でした。
発売当初からファンの間には、副官のフィギュア化を望む声があったのも当然でしょう。
そして2013年10-12月、満を持して副官パックが発売されるのです。

Descent2nd_LieutenantPacks_comp.png

副官パックの1つ「ベルティール」を例に、内容物を見てみましょう。

・ 副官フィギュア×1 (高さ28mm)
・ 副官カード×2 (基本セット付属の物との違いは不明)
・ 謀略カード×10 (オーバーロードカードに似ており特殊効果を発動)
・ 脅威トークン×8 (謀略カードの使用コスト)


オーバーロードは「英雄を倒す」「クエストを完遂する」「経験値を費す」「噂カードを使う」ことで脅威トークンを獲得します。
獲得した脅威トークンを支払えば「新しい謀略カードを入手」したり「入手済みの謀略カードを使用」できます。
謀略カードを使用する際には、書かれている数の脅威トークンを裏返します。
裏返った脅威トークンは「天運トークン」に変わり、英雄の1人に与えられます。
天運トークンを消費して「ダイスを振り直す」「追加アクションを行う」などの特殊効果が使えます。


この副官パックがあれば確実に遊び方の幅が広がりますね。
シナリオを一通りやり終えた人なら、きっと6種類とも欲しくなるでしょう。
完全日本語版を期待したいですけど商業的に厳しいんじゃないかなあと。

参照リンク:
『ディセント』 初版のモンスターを第2版に導入する方法
『ディセント 第2版』 FAQ作成のため、公式サイトで質問募集中
ディセント 第2版:ウィルムの巣
『ディセント 第2版』エラッタ 『吸血鬼の夜』消失?
『ディセント 第2版 完全日本語版』 紹介動画
『ディセント 第2版』 初版との違いなど紹介記事
ディセント 第2版:廃墟の迷宮
アークライト 完全日本語版 新作3つ (2013年5月)
『アンドロイド:ネットランナー』と『ディセント 第2版』の新拡張 (2013年6月10日)
アークライト 完全日本語版 新作3つ (2013年6月12日)


【関連する記事】
posted by okanenainde at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック