2016年01月10日

『サン・オブ・アナーキー』 初プレイ後の補足

追記:
サンズ・オブ・アナーキー』のタイトルで、日本語を収録したTVドラマ版のDVDコレクターズBOXが発売になります。

追記:
3、4、5、6人戦でルールが変わる個所をまとめました。

『サン・オブ・アナーキー』 プレイ人数による変更点





先日紹介した『サン・オブ・アナーキー』のボードゲーム版を初めて遊びました。
大味なアメゲーの割に楽しめたのですが、やはりルール上の細かな混乱や勘違いが起こったので、少しまとめてみます。



【Heatが増える場合】

・抗争(Throw Down)時に銃1丁以上を握り込んだ

・闇市場フェイズで密輸品1個以上を握り込んだ

・一部Anarchyカードの効果
 - All Points Bulletin (Obstacle)
 - Gung-Ho Local Cop (Hassle)
 - Racketeering Probe (Last Call)

SoA_Heat-Site.png
・Heatアイコンが記された場所でExploitアクションを行った

SoA_Gain-Drop.png
・Exploitアクションなどで「Gain Heat」の効果を受けた



【Heatが減る場合】

・Exploitアクションなどで「Drop Heat」の効果を受けた

・自分のギャング団がTake the Fallを受けて、メンバー1人がプールに戻った
(この場合、Heatトラックが必ず1st Heatまで下がる)




【見習いがメンバーに劣ること】

・見習いの人数は、ラウンド開始時に受け取る命令トークンの枚数に影響しない

・自分の構成員が見習いしかいない場所では、Throw Downアクションを行えない




追記:
【密輸品をドルに換えた時の処理】

・売却 Sell - プールへ戻す(Exploitアクションなどで再び得られる)

・取引 Traffic - 箱の中に戻す(ゲームから除外するため、密輸品の全体数が減る)




参照リンク:
『サン・オブ・アナーキー』 ボードゲーム版 日本語ファイル
『サン・オブ・アナーキー』 プレイ人数による変更点

『ミッドガルドの王者たち』 日本語ファイル

『振り向くな (Don't Turn Your Back)』 日本語ファイル

『ドラゴンウッド』 日本語ファイル
『ドラゴンウッド』 初プレイ後のハウスルール案

【関連する記事】
posted by okanenainde at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック