2017年11月04日

『テラミスティカ』 7つの新勢力 その4 (ファン拡張)


Terra Mystica - iTunes


BGGの『テラミスティカ』掲示板から新しいファン拡張を紹介します。
1人で基本色の7勢力を投稿しており、どれも独創的なアイデアに溢れているんですよ。
ウィッチなどのシンプルな勢力と比べて、盛り込み過ぎな気はしますけども。

The new set of factions by Bobral





 ゼロット(Zealots):茶

Zealots.jpg

能力:
手番中いつでも1司祭を2労働者に変換できます。
収入で1司祭を得る時、代わりに2労働者を得ても構いません(ストックに司祭がなくても)。

砦能力:
能力を使う毎に1勝利点を得ます。(スペースの都合上)1司祭を2労働者に変換した時のイラストしかありませんが、収入で1司祭の代わりに2労働者を得た時も、砦能力により1勝利点を得ます。

その他:
住居の建築コストが2労働者+1コインです。
3つ目と6つ目の住居による収入が1労働者ではなく1司祭です。
8つ目の住居からも1労働者の収入があります。
砦の建築コストが3労働者+6コイン、砦の収入が4パワーです。
聖域の建築コストが4労働者+10コイン、聖域の収入が2司祭です。

砦が安い割に収入が大きくアンバランスな感じがします。
自分なら4労働者+6コインの2パワー収入にするかなあ。





 ゴブリン(Goblins):黒

Goblins.jpg

能力:
ゲーム開始時、勢力ボード上にアクショントークン3枚を置きます。
手番中、特殊アクションとしてアクショントークン1枚をストックに支払い、以下の4つから1つを選んで実行します。特殊アクションで支払えるアクショントークンは1手番に1枚だけです。
  • マップ上の住居1つにつき、1パワーを得る(最大8パワー)。
  • マップ上の交易所1つにつき、2コインを得る(最大8コイン)。
  • マップ上の神殿1つにつき、1労働者を得る(最大3労働者)。
  • マップ上の砦および聖域につき、教団マーカー1つを1ステップ進める(最大、合計2ステップ)。
砦能力:
収入フェイズにアクショントークン1枚を得ます。
町の合計パワー値が12以上になれば、新しい町を設立した扱いになり、新しい町タイル1枚を得ます。
能力によるアクショントークンの変換に5つ目の選択肢「アクショントークン1枚を支払って2勝利点を得る」が増えます。

その他:
神殿や砦を建築した時、恩恵タイルに加えてアクショントークン1枚を得ます。
神殿の建築コストが2労働者+6コインです。
砦と聖域の建築コストがどちらも5労働者+8コインです。

全体的に盛り込み過ぎな印象。
専用のコストを支払って臨時収入を得るというアイデアは面白いですが。





 ウォーターエレメンタル(Water Elementals):青

WaterElementals.jpg

能力:
初期配置の住居2つを川へクスに置きます。
ゲーム開始後は住居を浅瀬(青)の地形ヘクスに建築します。

砦能力:
建築コスト1労働者+3コインで、住居1つを川へクスに建築できます。建築時、その川へクスに直接隣接している他勢力の建造物と同じ数だけスコップが必要です(水の浄化)。
水の浄化は「地形の変換」と見なすため、地形の変換ごとに2勝利点のラウンドで勝利点を獲得します。直接隣接している他勢力の建造物の数を超える本数のスコップは支払えませんが、水の浄化を部分的に行うことはできます。水の浄化を部分的に行う場合、パワー駒などを置いて表します。
水の浄化自体は砦を建てる前でも行えます。

川へクス上の住居は、他勢力の直接隣接を妨害しません(マーメイドの能力によって川へクス上に置いた町タイルと同様)。
川へクス上の住居は改良できません。

その他:
船の改良コストが1司祭+2コインです。
スコップの改良コストが1司祭+2労働者+2コインです。

『テラミスティカ』プレイヤーなら誰もが考えたであろう、川へクス上に住居を建築できる勢力です。
船とスコップの改良コストが安いのは謎ですが、川の住居は改良できない制約とのバランスでしょうか。





 エルフ(Elves):緑

Elves.jpg

能力:
設立した町により特殊アクションを行えます。アクションタイルをエルフの町タイル1枚に置くことで、即座に4パワーを得ます。

砦能力:
手番に行えるアクション2種類が増えます。1ラウンド中に何度でも行えます。
  • 5パワーを支払って2司祭を得ます。
  • 5パワーを支払って2スコップを得ます。
訳注:フリーアクションではなく、1手番を使う通常アクションと同じ扱いです。

その他:
初期宗教が地1+水1+風1です。
町の設立に必要な合計パワー値は6以上です。火2の恩恵タイルを取っても効果は変わりません。

能力だけで十分に魅力的だと思います。
なので初期宗教の多さと、パワー値6で町の設立は蛇足かなあと。





 トロール(Trolls):灰

Trolls.jpg

能力:
トロールの洞窟を建築できます。トロールの洞窟は「パワー値2」「収入:1労働者+2コイン+2パワー」です。トロールの洞窟を表すため、マップ上の住居1つと住居の収入マス1つに、パワー駒を1個ずつ置きます。トロールの洞窟は住居ではないので、住居による勝利点は獲得できません。しかしトロールの洞窟を建築する毎に3勝利点を得ます。

<トロールの洞窟を建築>
  • 1労働者+2コインを支払って、マップ上の交易所1つをトロールの洞窟1つに改良します(3勝利点)。
  • 3労働者+4コインを支払って、トロールの洞窟に直接隣接しているマップ上の住居1つを、トロールの洞窟1つに改良します(3勝利点)。
砦能力:
トロールの洞窟をそれぞれ、建造物2つ分とみなします。町の設立やエリア数ボーナスで有利になります。
訳注:町の設立でトロールの洞窟1つを2へクス分として数えるということでしょうか?

その他:
8つ目の住居からも1労働者の収入があります。

若干ごちゃごちゃしてますが面白い特性ですね。
トロールの洞窟が強過ぎるようにも思いますが。





 アーキテクト(Architects):赤

Architects.jpg

能力:
町の設立で橋をパワー値1として扱います。ただし町の設立に必要なヘクスには数えません(橋以外に4へクス以上が必要)し、エリア数ボーナスでの建造物としても数えません。また橋は建物アクションによる臨時のパワー収入にも影響しません。
橋を架けた先の地形ヘクスに住居を建築する場合、必要なスコップが1本少なくなります。

砦能力:
特殊アクションとして、マップ上の橋1本を別の場所に移動できます。橋の移動によって町の設立は可能ですが、町の一部となった橋は移動できません。
橋の移動は「橋の建築」と見なすため、後述する勝利点を獲得できます。

その他:
アーキテクトには専用のアクションがあり、(パワーアクションではなく)1司祭+1労働者+1コインを支払って橋1本を建築できます。マップ上に置く1/2/3本目の橋により2/3/4勝利点を得ます。

以前紹介した溶岩勢力のイフリート(Efreets)に似ています。





 ハーミット(Hermits):黄

Hermits.jpg

能力:
直接隣接する地形ヘクスに敵勢力が建物アクションを行っても、ハーミットには臨時のパワー収入が発生しません。よってハーミットの建造物だけに直接隣接する地形ヘクスに建物アクションを行っても、カルティストやシェイプシフターの能力は発動しません。
マップ上のどこであれ敵勢力が交易所を建てる毎、ハーミットは即座に2パワーを得ます。この場合もカルティストやシェイプシフターの能力は発動しません。

砦能力:
収入フェイズに教団マーカー1つを1ステップ進めます。
砦を建てた時、直接隣接する荒野(赤)と平地(茶)を全て砂漠(黄)にします。ノマドの砂嵐と同じく、この砦能力は川向うに使えませんし、スコップによる地形変換とも見なしません。

その他:
交易所の建築コストが常に2労働者+2コインです(直接隣接か否かを問わず)。
どの交易所も収入が2コイン+2パワーです。
砦の建築コストが4労働者+4コインです。

敵勢力との隣接を必要としない時点で、1人だけ別ゲーになりそうな勢力です。
コインに関して優遇されているのに砦の建築コストが安いのはどうなんだろう。





参照リンク:
『テラミスティカ』 7つの新勢力 (ファン拡張)
『テラミスティカ:氷と炎』 3つの新勢力 (ファン拡張)
『テラミスティカ』 7つの新勢力 その2 (ファン拡張)
『テラミスティカ』 7つの新勢力 その3 (ファン拡張)

『テラミスティカ』 アイドレーターとケンタウロスの改良 (ファン拡張)
『テラミスティカ』 ファキア強化版 (ファン選択ルール)
テラミスティカ:アーティファクト (ファン拡張)
テラミスティカ:荒波 (ファン拡張)

『テラミスティカ』 1人用キャンペーンルール (ファン拡張)
『テラミスティカ』 6-7人用ルール (ファン拡張)

『テラミスティカ』 非公式2-3人戦マップの改定案
『テラミスティカ』 2人専用マップ (ファン拡張)

【関連する記事】
posted by okanenainde at 01:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする