2018年01月01日

『マイルストーン (Capital)』 ルールの疑問点 その2



先日の記事に続いて『マイルストーン (Capital)』の疑問点をBGGから紹介します。





https://boardgamegeek.com/thread/1665007/

「ワルシャワ科学大学」を持つプレイヤーは、工場エリアのあるタイルを配置する際のコストが2コイン減ります。
(「埋め立て」の時は減らない。)


Capital_tile01.png
工場エリアが全体の一部しかないタイルを配置する際も、コストが2コイン減ります。

https://boardgamegeek.com/thread/1722257/

「ジギスムント3世の碑」を持つプレイヤーは、タイルを捨てる時、3コインの代わりに5コインを獲得します。

戦争もしくは埋め立てで「プレデンシャル」が失われた場合、必要であれば幾つかのタイルを取り除き、その地区を即座に3×4もしくは4×3の大きさに戻さなくてはいけません。

戦争でタイルを箱に戻した場合や、埋め立てで「プレデンシャル」を失った場合は、コインを獲得できません。

https://boardgamegeek.com/thread/1758412/

「ワルシャワ歴史地区」を持つプレイヤーは、収入フェイズの際に、埋め立てられたタイルが1枚以上あるスペース1つにつき、1ポイント獲得します。

(他タイルのように「自分の地区にある」という一文がありませんが)自分の地区だけが有効であり、他プレイヤーの地区は効果の対象外です。

https://boardgamegeek.com/thread/1717043/

「オケンチェ空港」を持つプレイヤーは収入フェイズの際に、6コイン支払い3ポイントを得る、もしくは3ポイント失い9コイン得ることができます。

https://boardgamegeek.com/thread/1883841/

「中央駅」を持つプレイヤーは収入フェイズの際に、8コイン支払い4ポイントを得る、もしくは4ポイント失い12コイン得ることができます。

どちらの効果も収入フェイズ毎に1回だけ使えます。

訳注:日本語版のルールブックには「これは収入フェイズ毎に一度だけ使うことができます。」の一文があります)





参照リンク:
『マイルストーン (Capital)』 ルールの疑問点

【関連する記事】
posted by okanenainde at 13:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする